こぐまけんぜんの投資の王道(MBA/米国公認会計士)
積立投信中心に運用。都内在住アラフォー(MBA、USCPA)のサラリーマンの投資記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフェット氏助言 勝者を当てない投資術 日経新聞記事より
2014/3/31日経新聞の記事にバフェット氏の一般投資家向けの投資
アドバイスの記事があり、いわゆるコストの安いインデックスファンドでの
運用を妻に遺言でアドバイスしたとのこと。

以下、記事の抜粋と私のコメントを少々。

====
米著名投資家で「オマハの賢人」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏。
経営するバークシャー・ハザウェイの株主に年に一回手紙を送る。
3月初旬に同社のホームページで開示された最新の手紙では「普通の人は
勝者(上がる株)を当てなくてもいい」と助言した。

「銘柄選びのカリスマ」の意外な言葉は、少額投資非課税制度(NISA)
などを機に投資を始めようとする投資初心者への重要な示唆だ。

自分たちが株式に投資する際に重視するのも将来利益の見積もりだとした。
5年間またはそれ以上先の利益をだいたい見積もれるか考え、それができた場合、
見積もった下限の額から見て妥当な株価がついているときにだけ株を買う。
これがよく知られる「自分たちが事業の予測ができるものだけを割安に買い、
長期で持つ」というバフェット流投資の本質で、いくつかの経営指標をもとに
バフェット流の銘柄選定の本なども出ている。

しかし、時間も限られているプロでもない一般投資家向けの重要なメッセージは
実は以下。

「一般的な投資家がそのようなスキルを持つ必要はありません。米国のビジネスは
時代を超えて素晴らしい成果を上げてきたし、今後もそうでしょう。
プロでない人々が目指すべきなのは、勝者を当てることではありません。
自分だけではなく、助力者にもできません。代わりに幅広い領域にわたる企業を
買えば、必ずうまくいきます。S&P500種株価指数に連動する低コストの
インデックスファンド(指数連動型投信)を使えば目標を達成できます


買うタイミングも当てようとするなと説く。
「初心者や臆病な人は相場が極端に過熱したときに相場に参加し、評価損が出れば
幻滅してしまいがちです。この間違いを防ぐには、長い時間をかけて株式を買い
続けていく
ことです。そして悪いニュースが出て株価が高値から下げても、
決して売らないことです」

また、頻繁な売買がマイナスであることを述べたうえで、投資をアドバイスする人たちに
言及する。「アドバイスや取引を担当することで稼ぐ人は、相手が個人か機関投資家かを
問わず常にアクティブに動くことを勧めてきます。それにより生じる費用は巨額で、投資家
全体としては利益を捧げてしまう結果になります。

こうした助言についてのバフェット氏の「本気度」は自分の妻への遺産相続について
の方針でもわかる。妻への相続のための信託で「現金の10%を政府短期債で、残り90%は
S&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました(超低コスト投信で知られる
バンガード社の投信を勧めます)。こうした方針をとることにより、高額な手数料を
とる運用者を抱えている他の投資家よりも、長期では優れた結果を残せると確信します」
====

バフェット氏といえば、厳選した銘柄をじっと待ち続けて、ここぞというタイミングで買って、
あとは長期保有というイメージだったが、一般投資家にお勧めするのが、コストの安い
インデックスファンドの長期積立投資というのは、地に足のついた現実的なアドバイスの
ように感じました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kendo1015.blog.fc2.com/tb.php/53-22ecdf0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こぐまけんぜん

Author:こぐまけんぜん
都内在住の30代のサラリーマンです。某国立大学経済学部卒、米国MBA留学経験あり、USCPA資格保有り。論理と直感?のバランスの取れた資産運用を目指し、情報収集・分析中です。将来の夢は海外で剣道の道場を開くこと!!!



最新コメント



最新記事



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。