こぐまけんぜんの投資の王道(MBA/米国公認会計士)
積立投信中心に運用。都内在住アラフォー(MBA、USCPA)のサラリーマンの投資記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセットアロケーション③ リバランス考
a0011_000023.jpg
(どう組み合わせるか、アセットアロケーション?!?)

前回アセットアロケーション②で外国の年金のアセットアロケーションを考察し、最大公約数的な感じでは
国内株式30-40%
外国株式20-30%
不動産(REITを含む)10-15%
あたりと触れました。

窓口訪問で資料をもらった某大手証券会社のラップ口座向けのアセットアロケーションも上記と大きなかい離はありませんでした。

私の現在のアセットアロケーション、これまでの考察をふまえての目標とするアセットアロケーションは別途、整理しますが、仮にアセットアロケーションが決まった後のリバランス(目標とするバランス尾のかい離の修正、景気変動などのマクロ環境の変化に合わせたアロケーション自体の微調整の両者)はあまり整理されたものがなかったので、今回、直販投信やネット証券にメールで質問で得た回答を含め、下記整理してみました。

①日本の年金基金は、相場変動に伴う「かい離」の許容幅を国内債券8%、国内株式6%、外国債券5%、外国株式5%、短期資産の比率は5%に据え置いている。(このかい離許容幅を超えない限り、アセットアロケーションの調整はしない。)

②前回触れた北村氏も決めたアロケーションからの小さなかい離にめくじらを立てず、年金基金のかい離率を参考に必要に応じて、リバランスすることを推奨。

③内藤忍さんにメルマガ内で回答いただた要点が下記。
〇景気変動やマーケット環境に応じて資産配分を臨機応変に変更すれば、さらにリターンを高められる可能性はあるが、臨機応変に変えることは極めて難しく、高値掴みになったり、安値で売ることになりかねない。(株式投資で安く買い、高く売るのが難しいのと同じくらい、アセットアロケーションで収益を上げるのは難しい。)
〇株と債券の比率を華麗に調整しながら、安く買って高く売るような資産運用が実現できれば最高だが、プロの機関投資家でもタクティカルに資産配分を変えて収益を上げるのは簡単ではない。
〇分からなければ、無理に配分比率を変える必要は無く基本的なアロケーションは戦略的に固定する。そして、必要に応じてタクティカル(戦術的)に資産の比率を変えていくべき

④某直販投信からの回答
〇アセットアロケーションは投資のリターンの大部分を決める重要なもので、投資目的によってどれくらいのリターンを望みどれくらいのリスクを許容できるかによってこのアセットアロケーションを決める必要あり。
例えば、長期投資を行い高いリターンを望むなら、リスク許容度は高く、株式中心のアセットアロケーション、
一方、投資期間が比較的短く、安定的なリターンを上げたいのであれば、リスクの少ない債券中心の運用等。
〇このアセットアロケーションによるリターンに加え、追加的なリターンを狙う場合は市場動向を予測し資産割合を変える運用となる。アセットアロケーションを一定比率に維持するか、柔軟に変えるかは、市場動向を予測できると考えるか、難しいと考えるか次第。

上記の専門家の方の見解をふまえるとアセットアロケーションは入り口で決めたら、基本はあまり動かす必要はなく、ただ、景気変動の代わり目(これは波動理論などにからみますが)に多少のスパイスを利かせる意味でのアレンジはありということかと。

最後に内藤さんからコメントのあった「資産運用においては「こうするのが良い」ということと、実際に「こうすることができる」ということの間には大きなギャップがあります。」という素人の生兵法をいさめる?言葉も念頭に考えてこうと思います。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kendo1015.blog.fc2.com/tb.php/24-5af5cee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こぐまけんぜん

Author:こぐまけんぜん
都内在住の30代のサラリーマンです。某国立大学経済学部卒、米国MBA留学経験あり、USCPA資格保有り。論理と直感?のバランスの取れた資産運用を目指し、情報収集・分析中です。将来の夢は海外で剣道の道場を開くこと!!!



最新コメント



最新記事



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。